主な執筆歴

主に2017年に執筆した記事一覧です。

観光・店舗取材

ことりっぷ

東京縁側日記② 池袋・祥雲寺のぼうず’n coffee | haletto

池袋駅。駅前は買い物をしにきた人たちで賑わいのある街ですが、駅から少し離れると人もまばらに。 駅からしばらく歩くと、たくさんの木が生い茂ったところがみえます。そこにあるのが祥雲寺というお寺。実はこのお寺の中にカフェがあるんです。 その名も「ぼうず’n coffee」。 今年4月にオープンしたばかりで、不定期で営業しているお店ですが、すでに人気の寺カフェで、なんとバリスタのお坊さんがいるんです。メニューにもコーヒーやカフェラテなどあって、本当にカフェそのものです。 なんといっても、お庭がすごい。玄関で靴を脱いだ後、畳のある部屋に案内されると、目に飛び込んだお庭の緑が生い茂っていて、圧巻です。また、お庭は市松庭で、ここは京都なの? と思ってしまうような景色がそこにはあります。広い和室の先には、広い縁側があって、開放感たっぷり。縁側で冷たい抹茶ラテを飲むのが最高です。 カメラマン:アサヌマヒナコ このカフェのバリスタさんは、なんと27歳のお坊さんなんです。もともと、カフェが好きだったことから大学卒業後、カフェの専門学校へ。その後、お坊さんとして修行した後に実家である祥雲寺に戻ってきたのですが、「カフェをやりたい」という気持ちがあったようで、お寺の中で店舗を構えようかと思っていたそうです。そこでご両親に相談し、広い和室を使うことになりました。 疲れたらここの縁側に座って、この景色を眺めながらゆったり過ごすのがオススメです。

haletto - ハレット

東京縁側日記① 代官山・旧朝倉家住宅 | haletto

記念すべき第1回目は、代官山にある旧朝倉家住宅です。旧朝倉家住宅と聞いても、あまりピンとこないかもしれないですが、代官山駅から徒歩5分のところにあるんです。 代官山駅から蔦屋書店に向かう方向に、歩道橋があります。ショッピングをする人は、だいたいここで右に曲がると思いますが、ここは歩道橋を使って、前に進みます。木がもっさもっさしているところが目的地。 目の前にくると大きな門があります。中が見えないので、素通りしてしまう人も多いかもしれませんね。ここが旧朝倉家住宅で、もともと渋谷区区議会議長を務めた朝倉虎治郎の邸宅です。 大きな邸宅で、東京都心部に所在する関東大震災以前の数少ない築98年の和風住宅です。 玄関から建物内を見学できますが、庭から縁側に行くのもおすすめです。門をくぐると、代官山とは思えない、緑が広がっています。 石畳をすすんでいくと… どーん!と建物が現れます。ここの中央に縁側があります。 大きな邸宅特有の長い縁側。縁側に使われている木も太くて分厚い。いわゆるお金持ちの家は、縁側も贅沢な作りになっているんです。 ここから眺める庭が最高に気持ちよく、都心の喧噪を忘れさせてくれます。とにかく静かで気持ちのいい縁側です。 ちなみに、私は、縁側でぼーっとすることを縁側浴といって提唱しています。森林浴よりも手軽で良いですよ。縁側に座ると疲れが取れる感じがするんです。木が疲れを吸収してくれているというか。 入場料は100円。飲食は禁止ですが、買い物に疲れたら、カフェで休むのもいいけど、ここの縁側に座って、緑を眺め、ひと休みするのもいいですよ。  

haletto - ハレット

Sumai 日刊住まい | もっと、くらしにHappyを!

日刊Sumaiでは記事執筆の他に、編集アシスタントとして週3日扶桑社に出社しています。


LIXIL 自然浴生活BOOK

LIXILガーデンスクエアの販促BOOKにて、縁側コラムを6ページ執筆しました。


インタビュー記事

ウートピ|わたしを、アップデートする。


0コメント

  • 1000 / 1000

成瀬夏実

東京都在住、フリーライター お仕事についてまとめたサイトです。